ハッカバスターズ!! 2

と、週を跨いだ前フリ、ご清聴ありがとうございました。(とうとう週マタギかよ……)
いや、何のことかわからない人は前回のAMiLOG ハッカバスターズ!!  を参照の事。
まぁ参照してもタイトルの意味さえ解らないと思うけど……なにせ、それをこれから書くのだから。

さて、ハッカとは?
スーッとする薄荷、ボッっと発火、公安八課(アホな少佐とか居そうで楽しそうだな)などなどありますが、ここではバイク乗りの敵、白華(白化)をバスターしちゃおうという訳です。
まぁ平たく言うと

こーゆーふーになったプラスチック(ABS)部品を何とかできないか?と。

ちなみに、アップにすると

表面はコンナになっているんですよ。怖いですね、恐ろしいですね。「アバタモエクボ」なんて言ってくれてた旦那さんが、最近「あ、うん」としか言わなくなったのは、デジタル技術の進歩の所為なんですよ。(笑)

まぁ、でも、とにかくですね、奥さん。
これ、まだ大丈夫なんですよ!!

ざっとクレンジング……じゃなくて100番程で表面の粉化した樹脂を取ります。

今度は350番くらいです。最初に100番を使ったのはすぐに目詰まりするからですが、耐水ペーパーで水に晒しながら(バケツでも可)なら最初から350番でも十分ですね。

次にヒートガンを用意します。ドライヤー代わりに髪を乾かしてもいいですが、400℃くらいにはなるようなので気を付けてください。簡易ニガーになっちまいます。

表面をあぶります。要は熱で表面を溶かして反射率を高くします(乱反射を抑える)。あまり長く当てる必要はありません。というか、表面に色が付いたらOK牧場!

色は戻りました。が、マダラです。面積が大きいと仕方ないのです。でも気にしません。

800番位で均します。このあと1200番位までで撫でて、最後はコンパウンドでゴシゴシやると……

 これが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 こうなります!

まぁ、正直な所ペーパーだけでも大丈夫なんですけど、経験上こっちの方法の方が発色がいい気がします。気がするだけなんですけどねー。

「白華したら、『ハッカバスターズ』を呼びましょう!! 電話番号は……」

どーよ?

[ratings] 評価にて『書く気』と『やる気』のエナジーを、是非!

日記・ブログ ランキングに参加しています
 面白いor共感できたら是非ともクリック願います

カテゴリー: バイク・モーターサイクル, 技術・テクノロジー, 車・のりもの パーマリンク

ハッカバスターズ!! 2 への4件のフィードバック

  1. けん3 のコメント:

    ちょうどKDXの白濁パーツがあるからためしにやってみるわ。面白そうだな。

    • AMi のコメント:

      ■ けん3くん

      ヒートガンは色が変わったらすぐに離した方がいいですよ。
      是非お試しあれ!

  2. ペン のコメント:

    私はガストーチでやってシボをなくした男です…

    • AMi のコメント:

      ■ ペンさん
      その昔はガストーチって話をよく聞きました。
      でもやっぱり直火はコンガリ逝くようで……(笑)
      まぁどっちにしろココまでハッカしてると
      表面の粉状物質を除去した時点でシボも消えますから
      一緒ですわ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください