振り返ればそこに足跡があった(フリーランス編)

気が付きゃ年が明けていた!
まぁでもいいさ、ココはおいらの日記帳。(そうなのか?)
2017回顧録、後半戦を綴ります。

Oct.

10月、はれて(?)フリーランスに。
というか、Free Riderか?(笑)

また山形へ。
今度は魚じゃなくて牛を食いに行く日帰りツアー。
仲間内で集まったんだけど、仲間の一人が直前に腰をやっちゃって車での参加になったり、そこに便乗して他の参加予定者がその車で行ったりと、結局バイクは3台。(笑)

そして、これから飯を食いに行くというのに、寄った道の駅『飯豊』でアユを食う。(爆) いや、でもこれ脂がのってて身はホコホコでめっちゃ旨かったのよ。しかも一尾350円。この後が無かったらもう一匹食べてたなぁ。

そして今回の主たる目的である牛テールの煮込み。まぁこれは何の心配もなく、旨かった!

で、当初はこの後日帰り温泉にでもよって夜には帰れるかな? という計画だったんだけど、数日前に古い仲間が蝦夷地から内地に侵略イカおやぢという事だったので、ほんじゃツーリングの途中で落ち合うべーってな感じで、ここまでの仲間とは別れておいらだけ一路福島へ。

北の大地から来るのは直立不動の単鬼頭(笑)鈴木家のサベージ650だとばかり思ってたんだが……コイツはやられた! しかも、ご丁寧に箱と郵政キャリアまで取り付けてあるじゃねぇか!

ってことで、郡山の駅前で落ち合って

四半世紀ぶりに酒を交わす。
四半世紀だよ、どんだけ歳食ったっちゅーねん! って思ったけど、目の前の友人は昔のままだった。
楽しかったし、嬉しかったなぁ。
今度は大蝦夷ツアーやんなきゃなぁ。

さんざ飲んで食って、昔話と今のバカ話に華が咲いて……結構翌日は胃が辛かったんだけど、『そういうの見せたら負け』みたいな、糞餓鬼根性だして平静を装ってみたりしてね。(笑) でもさ、その方がなんか楽しいじゃん。

さてさて、そんなこんなで日付はまた変わります。

これは同じく10月の別の日。
この日はキャブの掃除をしたR65の調子を見ようと近場へソロツー。
革ジャン1枚だったけど、気温も丁度よく3時間くらいのライドだったけどメチャ楽しかった。
実はこの時撮った写真の一枚が、おいらの個人的な年賀状の写真になってたりします。

ほんでまた別の日。
(元)同僚が企画した日帰りツーに参加。
この日は大内宿(福島)を軸にぐるっと回るツアー。

確か前日までは結構天気が荒れてたんだけど、なんとか雨にも降られず。

大内宿で芋餅やネギ一本で食べる蕎麦を堪能。

帰りにはこの豆腐屋さんで、オカラのドーナツなんかを食べたりして秋の一日を満喫いたしました!

 

Nov.

11月ですね、もうそろそろOFFシーズンに足を突っ込み始めたころ、いつものメンバーのお誘いに乗って今回は長野へ。

途中、上越のトン汁で有名な『たちばな』で定食を食べ、向かうは長野側から渋峠を抜けて群馬県は万座温泉郷へ!

と、写真はないんですがアクシデント発生!
渋峠手前の道の駅で休憩していると

「おーい、バイクの人~、渋峠、降雪20cmで走れないよー」って。(笑)

じつはこの日はバイク5台車1台で、そのうちバイクの1台が同じく長野で開催されてるBMWのイベントに参加すべく先発していたのですが、昼過ぎに宿に着いた彼からの電話で「渋峠、早く抜けないとヤヴァイかも」との情報はあったんだけど……

仕方なくぐるーりとまわって、群馬側からアプローチ。万座有料道路側のかなーり手前のスーパーに事情を話しバイクを置かせていただいて、そこから並走していた車に乗り込んで温泉へ。

ジブン達が着いたころには、唯一先発隊でたどり着いたS氏のF800GTは雪まみれというか凍り付いていた!(笑)
(車から出たら気温差でレンズの曇りが取れないのと暗さで全然ピントが合わない)

まぁ当然というか、後の宴会にてこんな美味しいネタはほじくり返して、つつきまわして一周してからまた蒸し返してと、オヤヂ達の夜は酒と笑いの渦で更けていくのでした……。

さて、翌日はピーカン!

車でバイクまで戻った後、中央道→関越道経由で帰路に着く予定なんですが、この日もおいらだけ別行動。中央道に乗ると早々にメンバーにBye-Byeして一路都心へ。

お目当ては……

トランプ大統領!

じゃなくて

あぁ、またやってきましたよ、この地に……。

そう、羽田空港。
夏前はANAの工場見学、ってことは今回は……

JALです。(笑)
オッサン、JAL工場内でウキウキです。
じつはこの前日まさにトランプ大統領が来日し、ゴルフをしていた辺りの横を走って羽田に来たんですが、丁度この見学ツアーの時に政府専用機がドック入りしていて1・2号機が揃っている姿を堪能させていただきました。
勿論写真もいっぱい撮ったんですけど、いろいろと約束事があって掲載が難しいので一番無難なヤツで。(笑)

さて、工場見学も終わったので自宅に帰り……ません。
そのままナビの設定に従って銀座7丁目から1丁目まで走り抜け、さらに進路を北にとって本日の宿へ。

某アパホテルのロビーにて。生ビール1杯200円! 夕飯の前に思わず一杯ひっかけていきました!(勿論徒歩ですよ)
そしてまた粕漬け状態で朝を迎え、向かった先は……

聖地巡礼(笑)

いや、じつは来る気は全くなかったんですよ。たまたま水戸のアパホテルに行くときに道路標識で『あれ、大洗ってめっちゃ近いんじゃねぇの?』って思って、ホテルでナビを見ていたらめっちゃ近いやん! と。

だったら今日の目的地に行く前にちょっと早めに出てぐるっと見てみようと思い、7時に水戸駅前を出たらやっぱり結構すぐに着きました。

朝早かったこともあり参拝客はジブンだけ。丁度朝日が昇って凪いだ海をキラキラと反射して、とても荘厳で豊かな時間を堪能できました。
この次は冬場アンコウ食べに来たいなぁなんて思ってたものの、いざとなるとやっぱり結構距離があるんで、簡単には、ねぇ。(笑)

さて、この後大洗のガルパンスポットをさらっと流して本日の目的地へと向かいました。

結局水戸から下道を通勤渋滞にはまりながらも到着したのがゲートオープン前。ゲートオープンと同時に入るも、平日の早朝に観客は誰もいません。(笑)

はい、そうなんです。
前から一度来たかったツインリンクもてぎ内のホンダミュージアムです。ちなみに平日にバイクで来る会員は、入場料も駐車料も無料です!(会員登録は現地でできます。私もしました!)もちろんゲートをくぐればミュージアムも無料です!

当然F-1を初めとした貴重な車の数々や、ずらりと並んだ歴代カブを初めとするバイクの数々もとっても興味深く見てきたのですが、ジブン的にはやはりこれでしたね、『歴代ASIMO』

初代からのASIMOの実物が展示してあって、それらの構造なんかを間近で見ることができます。
「うわぁ、このアクチュエータ、たまんねぇ……」とかなるわけですね。(爆)

折しも週末にスーパーバイク選手権を控えていて、幾つかのチームが練習走行をしていました。本当はずっと見ていたかったんだけど、そういう訳にもいかず……昼過ぎには茂木を後にしました。

家に帰って3日後、「最後の撮影チャンスに行くよー」という仲間の誘いで再び旅路へ。
下道を延々10時間ほど走って、ネカフェで寝たりしながら……

やってきたのは岐阜県の各務原航空宇宙科学博物館。
ちなみに2018年3月まで、博物館はリニューアル工事中なので入ることができません。では何故? 何のために?

コレです。
日本に唯一現存するレストア中の飛燕が博物館横の特設施設で一般公開されているのですが、2018年3月の本館オープンを前にレストア中の生身をさらすのはこの数日で最後との話を聞きまして、これは行かねば! となった訳です。

うーん、何ともなまめかしい。

まぁ当初はこれを見たら途中で温泉でも入って帰ろうと言ってたんですが、ここでオイラが仲間に提案しました。

『ここまで来たら、○○行かない?』

ということで……

名古屋を抜け東名に乗って一路静岡県へ。 そう、目的はもちろん
エアパーク/航空自衛隊浜松広報館!

もうね、ここでも妙なテンションでオッサン二人が駆け回ります。
「あっちに乗れそう」「向こうのシミュレータ大丈夫そうだよ」「おー、さっきまで載せてなかったF1解放してるやん!」とかとか。(笑)

んで、閉館まで堪能したあとは下道を延々と帰路へ。

途中で長野のネカフェに泊まって、ついでなんで松本城を見学したりして、その後も下道を走り3日間ほどの旅程を終えました。(笑)

 

Dec.

で、約一週間後の12月……今度は一人で旅支度。
実のところ出発は11月30日だったんだけど、日程自体は12月なのでもう12月枠で。

本当はここもバイクで行きたかったんだけど、丁度この11月末日から12月初頭にかけて大寒波が襲来するという予報があって、バイクで行くと下手すりゃ新潟に戻ってこれなくなるなぁと。ということで、今回は車(ルーテシア)で。
行先は神戸・大阪、工程は……下道で!(笑)

まぁ目的は大学の仲間に「時間あるから遊びに行くわ」と言ったら「ほな何人か集めてプチ同窓会やろうや!」って感じで。でも結局、学科とクラブの両方のプチ同窓会ってことになって二日間のダブルヘッダー(笑)

んで、大阪はまぁいいとして、どうせ関西に行くならオイラ的には前から行きたかったところがあって、是非ともそこに行こうと……

ということで、着いたのが

カワサキワールド/神戸海洋博物館

何を隠そう、ここにはおいらが中学生のころから憧れていたブツが展示されているという。
それが……

じゃん! 自律型無人潜水機「マリンバード」!

 

 

じゃなくて……

 

 

KR500

コーク・バリントンが駆ってた頃は知らなかったけど、TAMIYAのプラモデルで初めて組み立てた時に「なんてカッコいいバイクなんだ!」と心を鷲掴みにされた一台だったのですよ。あれから三十数年、満を持して対面するにあたり開館前から並んで人の少ない時間に一番近くで見たいと思って見たその姿は……

『全身から変な汁が滲み出る位、やっぱりカッコ良かった!!!』

まだほかに人はほとんどいなかったので、思いっきりなめまわすようにいろいろな角度から見て撮ってとやっていたら、少し離れたところにいた警備員がスススと近寄ってきて近くで『じー』っと。

そんなに『怪しかった』んだろうか?(笑)
(でもちゃんとカメラに入りそうになるとスッとどいてくれるという、プロですな)

そして館内のバイクシミュレータや飛行機のシミュレータもコンプリートする頃には人がどんどん増えてきたので、最後にまたKRの前に戻ってきてなめ回してから2時間程の滞在時間で撤収。(この日は大阪に移動しての宴会もあったしねぇ)

会場から出て道を歩いていたらKAWASAKIのジャケットを着たオッサン二人組とすれ違ったんだけど、その時に「え、知らないの? コークバリントンが乗ってたライムグリーンのKR、あれがあるんだよ!」と力説している会話を耳にして思わず振り返ったのはココだけのお話。(笑)

 

とまぁこんなところで回顧録は終了。
でも、じつはこの他にも突然家族に「蕎麦食いにいこーぜ!」と言って長野まで蕎麦を食いに行って帰ってきた弾丸ツアーとか、今日の風呂は……山まで入りに行くか……と言った弾丸風呂ツアーとか、50kmほど先の自動販売機までコーヒー牛乳を買いに行ってくる自虐ツアーとか(笑)色々やってたりはするんだけど、それはまた機会があったら。

うーん、ここ近年で一番走った年だったなぁ。
行きたいところは他にもあるんだけど、今年も走られるかなぁ? でも、走ってると作業ができないからなぁ……この二律背反をどうするか、いや、その前に

仕事、どーすんべぇ!?

ということで、今年もボチボチ行きたいと思っております。

 

[ratings] 評価にて『書く気』と『やる気』のエナジーを、是非!

日記・ブログ ランキングに参加しています
 面白いor共感できたら是非ともクリック願います

 

カテゴリー: バイク・モーターサイクル, 車・のりもの, 雑感 パーマリンク

振り返ればそこに足跡があった(フリーランス編) への3件のフィードバック

  1. けん3 のコメント:

    さすがフリーランスは充実してるな。
    あたしの友人曰く「プーは仕事をしてないことが仕事なんだから毎日が仕事でいそがしいんだ」と。名言です。

    それにしても充実してるな。やっぱこれぐらい人生を充実させないとイカんわと改めて思いました。

    今年は色々と攻めて行くか・・・

    いやいや・・・護りも色々大変で・・・

  2. AMi のコメント:

    ■ けん3くん

    いや、充実ってあーた、食いつぶしてるだけですやん。(爆)
    でも本当はもっと行きたい所があって、そのために半年早く
    退職を申し出ていたんだけど阻止されたという……(泣)

    さすがに今の時期の蝦夷は辛いし、青森も、広島も、長崎も……
    あ、沖縄なら大丈夫かな? でももうこの季節に外洋船に二日間は勘弁!(w

    まぁね、人間、地道に生活していくのが一番ですよ……
    (説得力ゼロですな。(^^;;)

  3. ピンバック: モノ造りの先にあるもの | AMiLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です