どうしてこうなった……

注) このお話は、ノンフィクションです。

 

8月終わりに、おいらと会社の同僚のS君で顧客を引率し、結構大規模なキャンプを行うと言うイベントがあった。当日は数々のテントの他に我々が設置した特設テント(運動会の救護本部なんかに使うヤツ)でBBQやヤキソバなどを振舞ったり、生ビールをサーブしたり(当然おいらは生ビール係。もちろん、終始新鮮なビールの毒見を忘れない勤勉な勤務態度で望んだ)と、まぁ大忙しだったのだ。

そして事件が起こったのは帰社した翌日の午後のこと。

i(おいら) 「S君、余った食材、どうせ誰も食べないから持って帰ろうぜ」
s君(以下s) 「封を開けたのはどうします?」
i 「捨てよう。移動中に痛んでる可能性あるし」
s 「この紅しょうがも封が切ってあるからいいですよね?」
i 「捨てていいよ。持って行きたきゃ持ってってもいいけど」
s 「こんな業務用、使いきれませんって。しかし、これ、どうやって捨てましょうかね?」
i 「そうだねぇ、本来は水気を切って燃えるごみだろうけど、明日休みだから回収こないよね」
s 「今日はもう回収おわってましたよ」
i 「ちょっとづつトイレに流しちゃおうか?」
s 「あー、細切れだから詰まらないっすよね。そうしましょう! 俺、流してくるッス!」

暫くして

s 「ふ、うぁぁぁぁぁぁ、iさんっ! やべっす! やべっす!」
i 「どうした? 詰まった?」
s 「い、いや、それどころじゃ……ちょっと見てください、やべっす!」

呼ばれて見に行ったトイレは顧客も使う全面真っ白な清潔感溢れる全自動式なのだが、s君が少し上のほうから紅しょうがの袋の水を便器に垂らした際その液体が飛び散ったらしく……。

i 「う、うぁ、うぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
s 「ね、ね、ね、iさん、やべっしょ!? コレ、やべっすよね!?」
i 「ヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイ、これは駄目だ! 中止! ミッションは即刻中止っ!」

そこには白いトイレの便器の内側にべったりと飛び散った大量の真っ赤な液体と、その光景にs君が慌てて紅しょうがの袋を持ち上げた為に飛び散ったと思われる赤い点々とした大小の染みが、トイレ室の真っ白い床に点在し、第三者が知らずに扉を開けたら即刻悲鳴と共に警察に通報されかねないスプラッターな惨状が展開していたわけで……。

i 「なんか、マジで吐きそうになってきた……」
s 「イカンです。これはイカンですよ! 便器に紅しょうがはイカンです!」

 

スプラッター好きな貴兄、一度お試しアレ。

おいらは、もういいです。(爆)

 

[ratings] 評価にて『書く気』と『やる気』のエナジーを、是非!

日記・ブログ ランキングに参加しています
 面白いor共感できたら是非ともクリック願います

カテゴリー: ネタ, 未分類 パーマリンク

どうしてこうなった…… への4件のフィードバック

  1. けん3 のコメント:

    で?
    恐怖と殺戮に彩られた、便器の画像はないのかね?

  2. ペン のコメント:

    先月銀座での飲み会(楢葉会)でトイレ行ったら

    の人が居た様で純白の便器やその付近に血の飛散が…

    悲惨やなぁと思うと同時に鮮やかな血の赤色に感動したりして。
    黒くならないのね痔の血って。

    大する事もリバースする事も諦めて出ましたら、カウンターで倒れている女の子居るし。
    介抱している店員にトイレ掃除をお願いして席に戻りました。

    そうか紅生姜か。
    リアルに想像出来ます。
    21世紀版ギニーピッグ撮る時にエフェクトに使って下さい( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください