雨のち曇りのちクモリのちクモリクモリギギギギギ……

ちょっと前のことです、雨上がりの事務膝(ジムニー)に乗ったら、フロントウインドウが曇ってる!で、デフロスタをONにして待つこと
30秒
60秒
105秒
140秒
180秒・・・・・・って、ヲイ!
全然曇りが取れねぇじゃねぇかっ!
んで、思わずフロントウインドウの根元に手を持っていくと

ガーン!
風が出てねぇ・・・・・・

まぁ、お察しのとおり、以前ワイパーを直したときにどこかでホースが外れたんでしょうねぇ。って、暢気にしているわけにはいかないっ!
なにせこれから冬になるってのに、デフロスタ効かないのは死活問題。しかも、エアコンのガスも無いので温風乾燥のみが命なのに、その風さえ出なくなったらヤヴァイっす!

デフロスタ・風出口

そんなこんなで、対策です。

写真は運転席側の風出口。スリットが入ってウインドウに効率よく風が当たるようになってます。って、ふつーはそうだと思うでしょうが、結構古い車なんかはこの角度が悪かったりしてあんまりクモリが取れないのも有るんだよね。ってことは我が家の事務膝は現代車?(どっかの国のポンコツとは違う)

はずれてた♪

で、色々見てたら運転席側の足元付近でホースが外れているのを発見!(別にそんなにタイしたこっちゃないわな)これをグリグリっとはめてブロアをONにすると……

なおりましたー。(ちゃんちゃん)

 

で、少し時間も余ったので……シャーリィでもイジイジしたろかと。(笑)
『あ、なんかどこかでウサギの赤い目が凶暴に……ま、気のせいだわな:爆』

R65メーター周り

これは現在のシャーリィ(BMW R65)のハンドル周り。
前のオーナーが前出のカウルをつけてくれとバイク屋に頼んだら、ノーマルハンドルがぶつかってしまうってんで、急遽アリモノのハンドル(モンスター用?)で対応したものらしい。ジブン的には結構このポジションが気に入ってるので、コレはコレでアリかと思っているんだが、問題はこのイグニッションとスイッチがついているカバー。うーん、どうも野暮ったいんだよねぇ。

カバー裏

ただ、このカバーを外そうにもご覧のとおりハザードSWとイグニッションの行き場がなくなってしまう。あ、ちなみに左のハザードと右のABSスイッチはダミー。(ABSなんて元々ついてませんがな!)これらのスイッチは補助ライトのスイッチになってました。(とりあえず外したけど)

フリーなイグニッション

ま、グリグリゴリゴリやってとりあえず外してみた。うーん、イグニッションSWは大きいなぁ。しかも取り付け方法がねじ式挟み込みとかじゃないから……どうしたもんかねぇ。あと、ハンドルクランプのボルトが、ハンドルカバーのとめ具と溶接されてる! こんなん、このままにしたらカッコ悪いですやんっ! っと言うことで、近所のホムセンへGO! まだまだこの先どういう方向性で行くかはわからないけど、とりあえず単体ボルトで止めて見よう!

でけた

ほい、こんな感じ。イグニッションは左側にタイラップで仮付け。ハザードSWはとりあえずメクラ蓋をして封印。これらの要素は、この先ハンドル周りの改修方向が決まってからじっくり考えようかな? と。 とりあえずはシンプルにして、改修方向を定めたいということなのです。
まぁ、これなら走れるし、ね。

NONグラブバー

そして、更にシンプルにするためにグラブバーも撤去。なんかオシリ周りがツルルンとして少し小尻になったシャーリィ。
「旦那様、キモイです」とか、言われそうでゾクゾクしますね。(爆)
あ、ちなみに取り付け穴はとりあえず黒のビニテで塞いでます。(笑)

シンプル!

さて、だいぶシンプルになってきましたね。ジブン的にはとてもイイ感じです。で、こうなると逆に色々見えてくるわけですが、まぁ、焦らずじっくり楽しみたいと思ってます。

カナの目も怖いので、ね。(爆)

 

[ratings] 評価にて『書く気』と『やる気』のエナジーを、是非!

日記・ブログ ランキングに参加しています
 面白いor共感できたら是非ともクリック願います

 

カテゴリー: BMW Motorrad, ジムニー, バイク・モーターサイクル, 車・のりもの パーマリンク

雨のち曇りのちクモリのちクモリクモリギギギギギ…… への4件のフィードバック

  1. けん3 のコメント:

    すごいハザードスイッチだな。ジムニーのスイッチをボタン式に変えたいんよ。そのまま使えそうだよ。

    あたしの11もデフが弱い。
    キミのと同じように、デフとサイドのホースは外れやすいから何度か直したことがあるよ。
    それとともに、あたしのは足元への風が出るとこがちゃんと閉まらない。故にデフにしても弱い。
    ご存知のように、これからの季節はウィンドウの『曇り』ではなく『凍結』になるので対策をしないと・・・

    それにしても、良い感じになっていくね。シルエット的(エンジン除く)にGBとか思い出すよ(むこうが真似か)。
    こっからどう転がるか楽しみだわさ。

  2. AMi のコメント:

    ■ けん3くん

    ジムニのハザードってハンドルポストの上で、昔ながらの引き上げ式だから確かに使いづらいよね。おいらもいつかプッシュ式にしたいと思っているけど、まぁ、事務膝ではいつも譲ってる方が多いから、サンキューハザードの頻度も少ないし、いいかな? なんてね。(w

    >あたしのは足元への風が出るとこがちゃんと閉まらない。
    おいらの71もそうだったよ。で、結構初期の頃に改良した。
    確かココの部分って、針金のリンケージで金属板を動かしていたはずなんだけど、引っ張ると閉まる(足元からデフ側に風を送る)だったはず。で、そのリンケージをラジオペンチで少しだけクランク状にしてきっちり閉まるようにした覚えがある。
    最初はリンケージを切って詰めようと思ったんだけど、リンケージの長さが微妙だし、熱で針金が収縮すると思ったんだ。で、クランク状にしてやれば、短すぎれば自然にクランク部分が伸びて密着するし、調整も角度の調整だけで済むはずだからね。(まぁ調整には何度かリンケージ部分に手を伸ばしてラジオペンチでグリグリって、結構厳しかった記憶があるけど)今はしっかり閉まるようになったから、切り替えノブをデフの位置にしてホースさえ外れていなければ(笑)きっちりウインドウに風が当たるようになったよ。お試しあれ!!

    シャーリィのシルエットがGBだと……いいじゃないか!
    おいらGB好きだよ。
    あのシンプルさがいい。
    JのGBはどーしたんだろーねぇー、ねー、ねー。(謎)

    ケツ周りがもう少しシュッとするといいなぁと思ってる。
    カフェレーサーにするならハンドル下げて、サブフレーム切って貼ってシングルシートカウルつけてってやればなんとなく今風のイジッタ感じがする65になると思うんだけど、ありきたりなカフェレーサーにはしたくないんだ。
    野暮ったさとスタイリッシュの狭間、不自由と自由の狭間の両立ができたらいいと思っている。
    まぁ、いつどこで急遽『R65ミリ』になるかわかんないけどね。(笑)

    • けん3 のコメント:

      針金はやってみた。グニグニとね。だいたい同じこと考えるんだよね。
      ちなみに「吹き出し口調整ロッド」なるものまで売ってるから結構多いんだろうね。
      あたしのは針金ではなく鉄板(と言えばいいのか)の方が摩耗してるようでうまくしまらないことが多いんだよ。その上切り替えスイッチのワイヤーもアメてるようで・・・

      ちなみにJはGB売ってヤマハの2気筒のでかいの乗って。そんでレースみたいのもしてて。んでレースやめたあとはそいつも売って、KSR乗ってるはずだな。
      たしか狭山に住んでるはず。

      うう・・・今日も寒いな。窓が凍ってなければ良いんだが・・・

      • AMi のコメント:

        ■ けん3くん

        やっぱり針金はやるんだ。(笑)
        鉄板がだめならリブでもつける? 
        つーか、あの鉄板って安いような気もする。

        じつはJとは今だ年賀状の交流(だけだが)はあるんだ。
        なんともJらしい生き方だなぁと思ったよ。
        ま、俺らも本質は全然変わってないみたいだけどね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です