シャーリィ(BMW R65)のオシリを何とかしたいっ!(その1)

「あなたのオシリス可愛いわ」じゃないのですよ。
シャーリィなのですよ、原作とは……似ても似つかないのですわよ!(当然です)

こんな感じ。
ん? 「別におかしくないだろ」って? 「むしろウインカーだろ」って?
うん、ソレ(ウインカー)は認めるけど……

(あ、某氏の帽子が写りこみ防止されてない……)

このテールライトの大きさや出っ張り方って、どうなのよ?
なんかさ、如何にも独逸人が「安全基準に沿って取り付けましたっ! フューラー!!」って感じじゃない? しかもテールランプ自体がオシリ(テールカウル)からはみ出しちゃっててさ、なんかもう
「シ……シャーリィ、どうしたんだい! そのでっかいイボ痔は……」
みたいな、ね。(爆)

という事で、今回はシャーリィのイボ痔のオペを……

すいません、ついでに原作者にもゴメンナサイ!
(※シャーリーは森薫さんの大変面白カワイイい漫画作品です。詳しくはコチラのwikiにて。尚、痔主ではありませんし、アームロックも(ゴロー以外には)かけませんのでっ!!)

という事でテールランプの改修と行きましょう!

さて、そうは言ったものの実際にはなかなか丁度いいテールなんて無いもので、市販品でも先ずは合わせてみないとわからないと言うリスクもありますし、良さそうなのはどれも高価だし、汎用の小さめテールだと、どうしても『取ってつけた』感じになってしまうものです。

ならば、どーすんべぇ? と。

ココじゃ、無いものは作るんだよ、と。 (笑)

と言うわけで、色々模索です。

材としてはLEDが使いやすいかな? という事で、今回は高輝度LEDを60個使用としました。
さて、問題は一番肝心な形状です。
型紙作ったり、色々とスケッチしてみたりします。なんて書くと簡単そうだけど、実際には型紙をスキャンしてexelに取り込んで、オブジェクトとして作った赤い丸(LED)を60個用意して配置をデザインしていくという……結構手間のかかる作業です。
まぁ、今回の場合は左右対称なので、片側だけを作って対象コピーして貼り付ければいいのですけど、それでも微妙なバランスは修正しておかないといけません。ま、そんなこんなで6パターン位作って、最終的に上記の2点に絞りました。
上は現行の形に近い感じでテールの四角い切り欠き全体が光る感じです。下は良くある猫目型。はじめはR65の特長を生かして上にしようと思ってたんですけど、なんか変化がほしいなぁと思って今回は猫目型に決定しました。

ではまずは型紙の大きさに(だいたい)合わせてアクリル板を用意します。ちなみに本当は黒のアクリル板が欲しかったけど透明しかなかったから透明にしたなんて事は断じてありません。断じて、断じて……あり、ありありありあり……

アクリル板に型紙を貼り付けます。ジブンはフツーにピット糊(商標ですねスミマセン)を使いますが、フエキでもヤマトでも佐川でも何でもいいです。(?)
くっつけたらLEDの中心にポンチングします。
ポンチ・ングっ ですよ!(なんだよそれ<自分)
要は下の材(アクリル)にマーキングするんです。
あー、変なモンでマーキングしちゃ駄目ですよ。シミになりますし、匂いもつきますから。
あくまで、ポンチでングッ! ですからね。(もうええって)
さて、ポンチングしたら型紙の外周に沿って油性マジックで模りもしましょう。

こんな感じです。
ポンチングの跡に細身の油性ペンで墨入れすると識別しやすいです。また、左上のようにちょっとずれた場合は×印で中心点を再指定しておけば、次からの作業に迷う事もないでしょう。

ポンチングしたところにドリルで穴をあけます。台で傷がつかないようにアクリル板の台紙は片面残したままです。
今回は直径2mmのLEDを使いますが、まずは1mm程のドリルビットで確実にポンチのセンターに穴をあけ、その後2mmのドリルビットで穴を拡張します。手間はかかりますがその方が確実に綺麗にできます。
手間をかけずに綺麗に作業するのはプロの仕事です。(作業効率で収入が変わるからね)
素人や趣味の場合は最大限手間や時間をかけると、その分納得いくものができるのです。
こんな事はわかっているはずなのに、何故か焦って工程を端折ってしまいます。
そうすると……ね?

ほい、穴が開きました。
ここでもう一度楕円の台紙を貼り付けて(貼らなくてもいいけど貼った方がやりやすい)今度は楕円の外の余分なアクリルをカットします。
ちなみにカットと書きましたけど、ジブンの場合は削りました。
まぁ、どんな方法でもいいんじゃないかと。

で、こんなアクリルベースができました。
世田谷ベースじゃありませんよ。
アクリルベースです。

で、ココにLEDをはめていくのですが、今日の所はココまでっ!
(唐突だなー)

[ratings] 評価にて『書く気』と『やる気』のエナジーを、是非!

日記・ブログ ランキングに参加しています
 面白いor共感できたら是非ともクリック願います

 

カテゴリー: BMW Motorrad, バイク・モーターサイクル, 雑感 パーマリンク

シャーリィ(BMW R65)のオシリを何とかしたいっ!(その1) への2件のフィードバック

  1. ペン のコメント:

    旧カブのテールとかで台無しにして頂きたかった私。
    北の不良中年のイタ車にも勧めた事があります( ´ ▽ ` )ノ

    確かにキャッツアイ型はカッコいいです。
    で何を流用するのかと期待しておりましたら作っちゃうんですね。

    環境さえあったらメーカーになれた人なんだろうなぁと思いながら完成を期待しております( ´ ▽ ` )ノ

    チェル島用バイクとか作って欲しいなぁ…

    • AMi のコメント:

      ■ ペンさん

      買いかぶりすぎですよ、メーカーになんてなれません。
      所詮は自己満ですよ。
      でも、それが気持ちイイんですけどね。(w

      >チェル島用バイクとか作って欲しいなぁ…
      CRMベースでいきますか?(まだ手元に無いけど、多分来る? かな?)
      つか、ちぇる島仕様って線量計をつけるとか? 対ゴジラ仕様にするとか? なんか、全力で殴られそうな方向にしか思考が行きません( ^ω^)・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です